友達と一緒にキャバクラの面接はNG!?その理由

キャバクラでは「友達同士で面接オッケー」というお店も多いですが、実は友達と一緒に面接を受けると採用される確率はガクッと下がります。

その理由として挙げられるのが、まずキャバクラで働く条件が違う点があげられます。
友達と全く同じ条件で働けるということは少なく、もし友達と一緒に採用されたとしても必ずどちらかが好条件になるので確執が生まれ、トラブルの原因にもなるのです。
お店としては余計なトラブルを避けたいので友達同士で受ける子は両方落としてしまうか、余程欲しい子がいたらその子だけ採用するかに分かれてしまいます。

また友達とキャバクラの面接に受けるというタイプの子は一人で面接を受けている子より本気度が低い=体入荒らしの可能性が高いと思われ、お店から警戒されているということも挙げられます。
キャバクラには本格的に入店する前にお仕事を体験してもらう「体験入店」というシステムがあります。
この体験入店にも勿論ある程度の時給がでるのですが、そのお金を目当てに色んなお店の体験入店だけして稼いでいる「体験荒らし」という人達がいるのです。
お店としては働いて欲しい人を探しているわけですから、お店に在籍する気がないのに最初から体験入店の時給を目当てにしているのは冷やかしになり、迷惑だけでしかありません。

キャバクラのお仕事が初めてだと一人で働くのも怖く、どうせだったら友達と一緒に…と思われるかもしれませんが、友達と一緒に面接を受けること自体が良い印象を持たれません。
どうしても友達と一緒に働きたいというのなら、面接は別に受ける、「友達と同じシフトがいい」というような勝手なことを言わないなど、働く意欲をしっかりアピールしてみましょう。