キャバクラで働くにはお酒は飲めた方がいいの?

キャバクラのアルバイトはお酒の場となりますので、「お酒が飲めないとキャバ嬢になれないの?」と疑問に思う方が多いですが、決してそんな事はありません。
飲めた方がいいのか飲めない方がいいのかで言えば確かに飲めた方がいいですが、飲めなくても採用されますし、お仕事もしっかりこなしていけます。
実際に業界に興味のある方なら誰でも知っている超有名人気キャバ嬢の方にも、ノンアルでNO1を維持し続けてきた方がいらっしゃいます。
大切なのはお酒が飲めるかどうかではないということですね!

最近ではお酒が飲めない女の子も増えていますので、以前よりも飲めない子に対するお店側のフォローも充実してきました。
事前にきちんと「お酒が飲めない」ということをお店に伝えておけば、注文時に合図を出すことでキャバ嬢のドリンクだけフェイクドリンク(ノンアルドリンク)に差し替えてくれたりします。
お客様には分からないようにしてくれるので「自分が入れた酒が飲めないのか!」と怒られることもありません。
また、仲の良くなったお客様には飲めないことを告白しておくとより接客しやすくなります。さらにこの時に「◯◯さんだから話すけど…」というように、そのお客様だけを特別扱いしているように話すとよりスンナリと受け入れてもらえますよ。

もちろんお酒が飲めない分、他のところで挽回しなければなりません。
実際にお酒を飲まずに稼いでいる子はトーク力を鍛えたり、酔っていないからこその記憶力でお客様のことを細かく覚えていたりと、それぞれ強みを持っています。

少し触れましたが、最近はお酒が飲めない子に対するお店の対応も柔軟になってきています。
そうしたお店は求人情報にも「お酒が飲めなくてもOK」というような情報を記載していますので、お酒が飲めないけどキャバ嬢になりたいという子はそうしたお店から選んでみてもいいですね。