キャバクラの面接で聞かれる内容

キャバクラの面接は簡単に受かると思っている子も多いですが、実は普通に不採用になることがあります。どんなに顔が可愛くても面接での受け答えがきちんとできなかったりすれば平気で落とされる業界です。
キャバクラは接客が命のお仕事ですから、「この子にはお客さんの対応させられないな」「お店と合わなそうだ」と思われてしまえば、不採用になるのです。

特に面接に対して何の対策もせずに行くと、やる気がないと思われてしまいます。事前に考えていた答えを暗記していうのもよくありませんが、ある程度される質問を想定してどう答えるかは決めておいた方がいいでしょう。

キャバクラの面接で聞かれる内容は、もちろん細かい部分ではお店ごとによって異なります。しかし、どのお店でも必ずと言って良いほど聞かれる定番の質問があるのです。
例えばキャバクラ経験の有無は必ず聞かれます。未経験なら未経験と素直に伝えることが大切です。働いていた経験があるのなら、どのお店でどれくらいの期間働いていたかは最低限伝えましょう。余裕があるなら自分のお客さんがどのくらいいたか、何人お客さんを引き連れて来れそうかなども伝えると好印象です。

未経験の場合、なぜキャバクラで働こうと思ったかを聞かれることも多いです。アルバイトの面接では「お金が欲しいから」なんて志望動機はあまりよくない印象があると思いますが、キャバクラではお金が理由の子がほとんどです。お金が理由なら素直に伝えてしまって問題ありません。
ただし、なぜお金が必要なのかをきちんと話せるといいでしょう。

また出勤についても聞かれると思います。キャバクラは自由出勤制なので、出勤日は自分で決められます。週に○回、○時間出られますというように具体的に伝えると、お店も判断基準にしやすいです。

これらがキャバクラで聞かれることの多い質問になります。どの質問に対しても、素直に、具体的に伝えるということがかなり重要です。
採用されようと思って嘘をついたりすると信用を失いますので、必ず事実だけを伝えるようにしてくださいね。